にちにちかんたん記

2018年7月のにちにちかんたん記

7月12日の夕陽
 

7月14日(土)連日の晴れ
昨日はそうそう家に籠ってはいられないと暑さの中、小倉駅まで出てみた。駅ビルの本屋で最新のフォトショップの使用方法を探す。たくさんあった。この本で勉強できないものかと最近、デザイナーを目指すある人に進言したい。私はあいにくCS5どまりだから。

駅からの帰り道、まだ沈みきらない夕陽を写す。

逆光から離れるとこの写真
雨のち快晴
 

7月9日(月)快晴
雨のあとの晴れ間は空も海もきれい。
プレミアム門司港ホテル前の花壇に雑草と共存しているローズマリーが花をつけはじめていた。

ローズマリーの花
大雨の後
 

7月8日(日)くもり
門司地区は山に沿って家が建っているので大雨になると避難勧告がでる。我が家は埋め立てられた海抜2メートルの海岸近くに建っているので何とか大丈夫の様子。1階の住人は以前床下浸水で大変だったことがあったらしい。
雲が重くかかる潮風の路から見える下関風景。係留する船がいつもより多い。
高速道路がまだ開通しない。

青鷺どん登場
午後6時の空
 

7月5日(木)くもり
昨日の午後6時過ぎの空をバス停でバスを待つ間に写す。明日の天気がくずれる予感。

早朝のJRの座席の様子。誰も乗っていない門司港駅始発からの状況。先月の熊本行きの高速バス、小倉駅発に乗車するために・・・。

早朝の席
7月1日の空
 

7月1日(日)快晴
しばらく天気の悪い予報で台風も近づいているらしいのに朝から晴れてきた。昨日はあれほど荒れていた空が一転。

先日、駐車場の天井で賑やかだったつばめの子供達は無事巣立っているだろうか・・・

燕の子供たち

ページのトップへ戻る
うえやまとち先生の紹介 北九州漫画ミュージアムページへ