にちにちかんたん記
2017年4月のにちにちかんたん記
夕陽と釣り師たち
 

4月24日(月)晴れ
昨日は一日、配管掃除の為に在宅していたのに1階の部分で壊れた箇所を見つけ、ジェット噴射掃除に耐えられないそうで修理の為、私の居住該当列は今年は終了とのこと。来年おかしなことになったらしらないから。
カーブスに行っているのに膝痛。それでも散歩、おなじみの青鷺ドンがたたずんでいた。

青鷺どん
快晴のレトロ
 

4月20日(木)くもり
19日、エッセイ教室の為に小倉へ晴天のレトロを抜けて駅へ向かう。
2回目でエッセイを書き、読まされ批評(助言)。読むのが上手な人はそのはず、絵本の読み聞かせをやっていた。他の方も司書退職者だったり、応募小説を書いていたりと最近はミステリーしか読まない私からするとなかなかレベルの高い講座参加者たち。

駅構内の花
ドッグフェス
 

4月17日(月)大雨
昨日は晴天。ドッグフェスも盛況。「絵画はじめ」展の受付の帰り、たくさんのわんこに囲まれてきた。
「ドッグフェスティバル in 門司港ー愛こそすべてー」だって。
今日は雨の中バアちゃんとランチのあと「絵画はじめ」展へ。どんどん雨足が強くなった。

大型犬
ベランダから見える海
 

4月14日(金)快晴
近所なので率先して午前中の受付。観客は掃除の人を含めて5人!ずーっと隣の方と楽しくおしゃべりできた。テーブルに花がなかったのでトロッコ電車の線路脇の花をちぎって活けていたら午後、豪華絢爛な花が到着。倒れそうでちょっと心配。午後の担当、受付係の地元のお友達がたくさんやってきそうな気配。
終わりそうな桜の向こうに青い海。

作品群その1
夕陽が右へ
 

4月12日(水)午後の晴れ間
午後1時過ぎから港ハウスへ「絵画はじめ」展への作品搬入。4月13日~19日(水)9:00-17:00まで開催。フック手造りの時間等あり作業に3時間以上かかった。作品数は20数点。10か月かかっての作品なのでなかなかの力作ぞろい。私はもうちょっとがんばったほうがよかったかなと反省。
大里の猫も日向ぼっこ中。

猫の影
布刈公園への坂
 

4月6日(木)雨
クラスメイトが2名、門司港へやってきた。桜は雨の中5分咲きほど。ひたすら歩いて1万歩クリア。いつのまにか目指しためかりのパーキングが建て替え工事で閉鎖されていた。文句も言わずつきあってくれたクラスメイト・・・。
昨日は小倉城そばの文学館で「エッセイの書き方」講座に参加してみた。6回3000円。北九州で有名な短歌の大御所が参加されていて先生がひたすら恐縮していた。
曇り空の下、お堀に満開の桜。

小倉城のお堀
三井倶楽部の大島桜咲く
 

4月4日(火)快晴
カーブスの帰り、門司港駅経由のバスだったので途中下車、国指定重要文化財・旧門司三井倶楽部の大島桜の開花を見て海岸を抜けて帰る。

そめいよしのはまだ3分も咲いていない。

大島桜
春のマルシェ
シーサー
 

4月1日(土)快晴
昨日、バスの中からカラフルなテントを見かけたのでマルシェかなあとちょっと散歩。
お天気が良くてお出かけ日和なんだけど。
出店数が少ないような・・・。
せめて客足を増やせれば。桜の開花はまだ。

ジーモと桜

ページのトップへ戻る
うえやまとち先生の紹介 北九州漫画ミュージアムページへ