シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

93  見かけを信じて

だから、きみの誠を信じて生きよう
騙され亭主よろしく。それで、愛の表情が
心変わりしていても、うわべだけは変わらずわたしを愛し
顔はわたしに向いていても、きみの心は別なところにある。

きみの眼には憎しみなど宿ることもない
だから、わたしにはきみの心変わりを知る由もない
大概の人の表情には、偽りの心の記録、
怒り、渋い顔、奇妙なしかめ面が現れる。

だが、きみを創造した天が定めたことは
きみの顔には、常に優しい愛が宿るべきだということだった
きみの思いや、心の動きが、どのようなものであろうとも
きみの表情には、優しさだけを表わすようにと言われた。

  きみの美しさはエヴァのリンゴと変わらない
  きみの美徳がきみの容貌と一致しないようであれば。

 

So shall I live, supposing thou art true,
Like a deceived husband; so love’s face
May still seem love to me, though altered new,
Thy looks with me, thy heart in other place;
For there can live no hatred in thine eye,
Therefore in that I cannot know thy change.
In many’s book, the false heart’s history
Is writ in moods and frowns and wrinkles strange;
But heaven in thy creation did decree
That in thy face sweet love should ever dwell;
Whate’er thy thoughts or thy heart’s workings be,
Thy looks should nothing thence but sweetness tell.
 How like Eve’s apple doth thy beauty grow,
 If thy sweet virtue answer not thy show.

 

新訳ソネット トップページへ