シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

85  沈黙の称賛

わたしの詩神は謙虚に口を閉ざして沈黙を守るが
一方、豪華に飾り立てられた君を称賛する評言は
君の容姿を称えるのに、黄金の筆を使って
ミューズの女神たちを総動員して磨き上げた美辞麗句を書き連ねる。

他の詩人たちは立派な言葉を書くが、わたしはよい思いを抱き
無学な教会の書記のように、「アーメン」と唱え続けるだけ
有能な詩人が洗練された筆使いと磨き上げた文体で
書き上げた讃美歌の一つ一つに対して。

君が称賛されるのを聞き、わたしは「そう、その通りだ」と言い
最高の賛辞に添え、さらにいくつか付け加える
だが、それはわたしの思いの中にあるだけで、君への愛の思いは
(言葉では後れをとっても)真っ先にある。

  だから他の詩人たちには実のない言葉を考慮し
  わたしには真実を語る沈黙の思いを重んじてほしい。

 

My tongue-tied Muse in numbers holds her still,
While comments of your praise richly compiled
Reserve your character with golden quill,
And precious phrase by all the Muses filed;
I think good thoughts, whilst other write good words,
And like unlettered clerk still cry ‘Amen’
To every hymn that able spirit affords
In polished form of well-refined pen.
Hearing you praised, I say, ‘ ’Tis so, ’tis true’,
And to the most of praise add something more;
But that is in my thought, whose love to you
(Though words come hindmost) holds his rank before;
 Then others for the breath of words respect,
 Me for my dumb thoughts, speaking in effect.

 

新訳ソネット トップページへ