シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

79  恩 恵

わたしだけがきみの協力を求めていた頃は
わたしの詩だけがきみの恩恵のすべてを受けていた。
だが、今ではきみの恩恵を受けていた詩も衰え
わたしの病める詩神は他の詩人に道を譲ってしまった。

愛する人よ、きみという美しい主題は
もっとりっぱな詩人の仕事にこそふさわしい
だが、その詩人がきみから創作するものが何であれ
きみから奪ったものをもとに戻すに過ぎない。

彼はきみに美徳を貸し与えるが、その言葉は
きみの振る舞いから盗み出したもの。彼が与える美は
きみの頬から見つけ出したもの。彼がきみに与えることができる
称賛はきみにもともとあったものでしかない。

  だから、彼が言うことに関して何ら感謝する必要はない
  彼が借りたものは、きみ自身が支払っているものだから。

 

Whilst I alone did call upon thy aid
My verse alone had all thy gentle grace;
But now my gracious numbers are decayed,
And my sick Muse doth give another place.
I grant, sweet love, thy lovely argument
Deserves the travail of a worthier pen;
Yet what of thee thy poet doth invent
He robs thee of, and pays it thee again;
He lends thee virtue, and he stole that word
From thy behaviour; beauty doth he give,
And found it in thy cheek; he can afford
No praise to thee, but what in thee doth live:
 Then thank him not for that which he hath say,
 Since what he owes thee, thou thyself dost pay.

 

新訳ソネット トップページへ