シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

62  自惚れ

わたしの目、わたしの心、わたしの体のいたるところ
自惚れの罪が支配する
わたしの心の奥深くに根を張っているので
この罪につける薬もない。

わたしの顔ほど魅力的な顔はないように思えるし、
これほど均整の取れた体も、これほど完全無欠なものもないと思う
そして、自分で自分の価値を
他の誰よりも優れていると決め込んでいる。

ところが、実際にっわたしを鏡にうつせば
歳月にさらされ、無残に老いた姿
わたしの自惚れとは正反対
そんな自惚れが己に罪なことだと知る。

  わたしは自分のためにきみ(つまりはわたし自身)を称え
  わたしの老体をきみの若さの美で飾り立てている。

 

Sin of self-love possesseth all mine eye,
And all my soul, and all my every part;
And for this sin there is no remedy,
It is so grounded inward in my heart.
Methinks no face so gracious is as mine,
No shape so true, no truth of such account,
And for myself mine own worth do define
As I all other in all worths surmount.
But when my glass shows me myself indeed,
Beated and chopped with tanned antiquity,
Mine own self-love quite contrary I read;
Self, so self-loving, were iniquity;
 ’Tis thee (myself) that for myself I praise,
 Painting my age with beauty of thy days.

 

 新訳ソネット トップページへ