シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

152  誓い破り

おまえを愛してわたしが誓いを破ったのは知っての通り
だが、おまえはわたしに愛を誓って二度までそれに背いた
まず、閨房の誓いを破り、次に新たな誓約を引き裂いた
新たな愛を産んでは新たな憎しみを誓って。

だが、二度の破約でどうしておまえを責められよう
わたしは二十度も破ったというのに。わたしこそ約束破りの張本人
わたしの誓いはすべておまえを欺く約束に過ぎない
おまえのせいでわたしの誠実な約束はみな失われた。

というのも、わたしが固く誓ったのは心底からのおまえの親切
おまえの愛、おまえの誠実、おまえの貞節への誓いであった
そして、おまえに輝きを与えるため眼をくらませ
眼が見えるものとは逆のことを誓わせた。

  おまえを美しいと誓ったその眼はさらに嘘つき
  真実に背いてそんな汚い嘘を誓うのだから。

 

In loving thee thou knowst I am forsworn;
But thou art twice forsworn to me love swearing,
In act thy bed-vow broke and new faith torn,
In vowing new hate after new love bearing.
But why of two oaths’ breach do I accuse thee,
When I break twenty? I am perjured most,
For all my vows are oaths but to misuse thee,
And all my honest faith in thee is lost:
For I have sworn deep oaths of thy deep kindness,
Oaths of thy love, thy truth, thy constancy,
And to enlighten thee gave eyes to blindness,
Or made them swear against the thing they see:
  For I have sworn thee fair: more perjured eye,
  To swear against the truth so foul a lie.

 

新訳ソネット トップページへ