シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

146  魂の勝利

わたしの罪深い土くれの中心、哀れな魂よ
戦闘準備するこの反乱軍を養い
内にあっては痩せ衰え、飢えに苦しみながら
外壁にそれほど派手に金をかけて飾るのか?

ほんの短い借用期間に過ぎない、朽ちてゆくやかた
それほどの莫大な費用をどうして費やすのか?
こうした贅沢の相続人である蛆虫に
出費を食いつぶさせるためか?それがおまえの肉体の定めなのか?

それでは、魂よ、おまえのわたしの損失で生きるがよい
そして、おまえの蓄えを増やすため肉体をやつれさせるがいい
束の間の時を売って永遠の命を買うがよい
内に糧を与え外見にはもう金をかけるな。

  そうして、人を食らう死に神をおまえが食べるのだ
  そして、死神が死んでしまえばもう死ぬこともない。

 

Poor soul, the centre of my sinful earth,
Feeding these rebel powers that thee array,
Why dost thou pine within and suffer dearth,
Painting thy outward walls so costly gay?
Why so large cost, having so short a lease,
Dost thou upon thy fading mansion spend?
Shall warms, inheritors of this excess,
Eat up thy charge? Is this thy body’s end?
Then soul, live thou upon thy servant’s loss,
And let that pine to aggravate thy store;
Buy terms divine in selling hours of dross,
Within be fed, without be rich no more:
 So shalt thou feed on death, that feeds on men,
 And death once dead, there’s no more dying then.

 

新訳ソネット トップページへ