シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

123  真実一路

いや、「時」よ、驕るな!わたしは心変わりなどしない
当代の技術を凝らして建てたというおまえのオベリスクも
わたしにとっては目新しくも、珍しくもない
そんなものは昔の光景の焼き直しにしか過ぎない。

人の命は短い、それゆえ人は、古い物だと
ごまかして見せられれば驚きもする
それに、前に話を聞いたことがあると思うよりは
自分の好みに合わせて新しく作られた物だと信じるものだ。

おまえの記録も、おまえのことも笑ってすます
過去にも現在にも驚きはしない
おまえの記録も、いま見えるものも、嘘っぱち
やっつけ仕事でいい加減。

  生きている限り、こう誓う
  「時」と「死神」を恐れず、真実一路を貫くと。

 

No! Time, thou shalt not boast that I do change;
Thou pyramids, built up with newer might,
To me are nothing novel, nothing strange;
They are but dressings of a former sight:
Our dates are brief, and therefore we admire
What thou dost foist upon us that is old,
And rather make them born to our desire
Than think that we before have heard them told:
Thy registers and thee I both defy,
Now wond’ring at the present, nor the past,
For thy records, and what we see doth lie,
Made more or less by thy continual haste:
 This I do vow, and this shall ever be,
 I will be true despite thy scythe and thee.  

 

新訳ソネット トップページへ