シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

121  性悪説

どうせわるに思われるなら悪になった方がましだ
悪でもないのに悪だと非難され
まともな楽しみすらも奪われ、その楽しみも
他人の眼から見れば悪でも、当人にはそうではない。

どうして人は欺瞞の好奇な眼をして
わたしの好色な性癖に挨拶するのか
また、わたしより罪深い者が私の些細な過ちを
己の好色癖でわたしが善だと思うものを悪とみなすのか?

いや、わたしはわたしだ、わたしの悪行をあげつらう者は
自分自身の悪行を数え上げているのだ
彼らが曲がったことをしても正直で通そう
彼らの腐った考えでわたしの行為を判断させてはならない。

  すべて人は悪であり、悪に支配されている
  という普遍的な性悪説を彼らが主張する限りは。

 

’Tis bitter to be vile than vile esteemed,
When not to be, receives reproach of being,
And the just pleasure lost, which is so deemed
Not by our feeling, but by others’ seeing.
For why should others’ false adulterate eyes
Give salutation to my sportive blood?
Or on my frailties why are frailer spies,
Which in their wills count bad what I think good?
No, I am that I am, and they that level
At my abuses, reckon up their own;
I may be straight, though they themselves be bevel.
By their rank thoughts my deeds must not be shown,
 Unless this general evil they maintain:
 All men are bad, and in their badness reign.

 

新訳ソネット トップページへ