シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

113  見るものすべてが君と化す

君と別れてからというもの、わたしの眼は心の中に閉じこもり
わたしが進むべき道を導く役目を
半ば果たしても、半ばは盲目も同然
見えているようで、実は見えていない。

その訳は、鳥や、花の形、あるいは
眼がとらえた形など、心に伝えないからだ
また、心は眼が瞬時に捉えた物にも与(あずか)れず
視力はとらえた物を留めることができない。

どんなに荒れた光景、どんなに穏和な光景であろうと
どれほど美しい顔、どれほど醜い生き物であろうと
山であれ、海であれ、昼であれ、夜であれ
鴉であれ、鳩であれ、見るものみな、君の姿に変えてしまう。

  わたしの心は君でいっぱい、これ以上余地はない
  だから、わたしの忠実な心はこのようにわたしの視力を欺く。

 

Since I left you, mine eye is in my mind,
And that which governs me to go about
Doth part his function, and is partly blind;
Seems seeing, but effectually is out:
For it no form delivers to the heart
Of bird, of flower, or shape which it doth latch;
Of his quick objects hath the mind no part,
Nor his own vision holds what it doth catch:
For if it see the rud’st or gentlest sight,
The most sweet-favoured or deformed’st creature,
The mountain, or the sea, the day, or night,
The crow, or dove, it shapes them to your feature.
 Incapable of more, replete with you,
 My most true mind thus maketh mine true.

 

新訳ソネット トップページへ