シェイクスピアのソネット新訳改訂版イメージ

108  古色蒼然

書くべき何かが頭脳の中にあるとでもいうのか
きみへの忠実な思いが書きつくされていないとでも?
新たに語るべきことや、いま記すべきことが残っていて
わたしの愛や、きみの尊い値打を表現することができるとでも?

何もありはしない、愛しい人よ。けれども、祈祷書を唱えるように
まったく同じことを毎日繰り返し語らねばならない
言い古したことも構わず、きみはわたしのものであり、わたしはきみのものであると
きみの美しい名前を神聖なものとして初めてあがめた時のように。

そうして、新しい愛の器に入った永遠の愛は
老年の傷害や土に帰すことをものともせず
やがて刻まれることになる皺にも屈せず
昔の遺物を永遠の近習とする。

  最初にはぐくまれた愛の思いを見つけようとすれば
  歳月と外見が愛の死んだ姿を見せつけようとする。

 

What’s in the brain that ink may character
Which hath not figured to thee my true spirit?
What’s new to speak, what new to register,
That may express my love, or thy dear merit?
Nothing, sweet boy; but yet, like prayers divine,
I must each day say o’er the very same,
Counting no old thing old; thou mine, I thine,
Even as when first I hallowed thy fair name:
So that eternal love, in love’s fresh case,
Weighs not the dust and injury of age,
Nor gives to necessary wrinkles place
But makes antiquity for aye his page,
  Finding the first conceit of love there bred,
  Where time and outward from would slow it dead.

 

新訳ソネット トップページへ