ジョン・ダンの部屋 高木登あーでんの森散歩道トップへ戻る

 

ダン談話室では、同時代人でもあるシェイクスピアとの関係を特に絡ませながら、折りに触れて書いていきたいと思っている。

シェイクスピアとダンとの接点は直接的なものは見いだせないが、交遊関係では同時代の詩人であるベン・ジョンソンなどは二人の共通の知人でもある。また、ダンの詩にはシェイクスピアの戯曲の中の台詞と同じような内容のものが随所に見受けられる。

そんなことなど、詩の訳を進めながら語っていきたいと思っている。

 

(2011年9月吉日)

        
ジョン・ダンから同時代人シェイクスピアを読む
1 ジョン・ダンの詩に見るシェイクスピア再発見
2 劇場から見るダンとシェイクスピア (その1)
  劇場から見るダンとシェイクスピア (その2)
  劇場から見るダンとシェイクスピア (その3)
  劇場から見るダンとシェイクスピア (その4)
3 ダンとシェイクスピアとピタゴラス
4 シェイクスピアとダンに見るこの世の「牢獄」
5 「いまの世のなかは関節がはずれている」
6 シェイクスピアとダンに見る、生と、死と、眠りについて
7 閑話休題―ジョン・ダンをめぐって
8 シェイクスピアとダンをめぐるパラドックスの世界
9 シェイクスピアのソネットに見るダンとの類似性

10 「シェイクスピアと同時代人ダン」の連載を終えて

 

 

 

 
 
唄とソネットエレジー婚礼祝歌エピグラム諷刺詩 バッグイメージ
魂の遍歴書簡詩挽歌と葬送歌記念日の歌宗教詩
バッグイメージ