高木登 観劇日記2015年 トップページへ
 
  能・『ロミオとジュリエット』 初演』      No. 2015-46
空白

僧ロレンスによる狂言口開(くちあけ)により、物語の概要が語られ、ツレ(ジュリエット)が乳母を伴って登場し、脇座に着座、シテ(ロミオ)が登場し、
「恋は優しきものなるか。
恋は冷酷残忍非情。
胸刺す茨のつらさかな。
昨夜の夢の不思議なる。
いかなる星の巡りやらん」
と語って地唄
「行方(ゆくえ)司る御力(おんちから)。行方司る御力。導き給へわが行く手」
が続き、次にジュリエットの台詞、
「目に見えぬ美しさ隠す心こそ美しき人の誇りなれ」
と引き継がれていく。
最後は、地唄
「この世の悲しき物語。ジュリエットと彼女のロミオの物語」
で結ばれる。
この最後の台詞で、この物語がジュリエットの物語であることを教えてくれる。
「能・『ロミオとジュリエット』初演」は、この日、この1回だけの公演。
上演時間は、90分

【出演者】
シテ(ロメオ):野村四郎
ツレ(ジュリエット):鵜沢 久(ひさ)
ツレ(乳母):鵜沢 光
ツレ(パリス伯):野村昌司
ツレ(ヴェローナ大公):藤波重彦
アイ(間)狂言(ロレンス法師):三宅右近

(原作/上田(宗片)邦義、振付・作舞/野村四郎、演出/笠井賢一、12月8日(火)18時半開演、
東京・国立能楽堂にて観劇。チケット:(A席)8000円、座席:脇正面4列9番)

【注記】 文中の台詞は、当日配布された上演台本より引用。

 

>> 目次へ