高木登 観劇日記2015年 トップページへ
 
  劇団AUN朗読劇 『リア王』      No. 2015-03
 

“和ろうそくと着物と津軽三味線で送る1日限りのプレミア公演“として、劇団AUNはじめての朗読劇。 
坪内逍遥訳を用いて、津軽三味線、尺八を交えての朗読は迫力満点で、特に大塚明夫のリア王の朗読は素晴らしかった。 
面白い趣向だと感じ入ったのは、前田恭明演じる道化役は、『リア王』の道化の台詞を語るのではなく、序詞役として、あるいはナレーターとして、物語進行の概況を警句で短く表現し、内容の理解にも一役買っていたことだった。 
主だった出演者としては、コーンウォールを杉本政志、オールバニを松本こうせい、ケントを谷畑聡、グロスターを飛田修司、エドガーを長谷川志、エドマンドを長谷川祐幸、ゴネリルを千賀由紀子、リーガンを林蘭、コーデリアを佐々木絵里奈が朗読。 
津軽三味線は山本大、尺八は小澤明人が演奏。 
朗読時間は、途中10分の休憩を入れて1時間30分。

 

(訳/坪内逍遥、演出構成/沢海陽子、監修/吉田鋼太郎、1月13日(火)13時開演の部、
浅草・アミューズミュージアム、6階イベントホールにて。
全席自由席で、最前列中央にて聴く。チケット:2500円)

 

 

>> 目次へ