トップへ戻る
 
  演劇集団円公演 『オセロ』      No.2007-018
 

開演前の舞台には、上手の奥に白いシーツが敷かれたベッド。
どのような始まり方をするのだろうかという期待と、衝撃。
開演の暗転の後、明るみに照らされたそのベッドにはオセロとデズデモーナの二人の亡骸と思われる死体が横たわっている。そして・・・
その二人を包み込むように、登場人物たちがベッドの周りを囲み、死体は消え去る・・・。
シーツが登場人物たちによって取り去られ、ベッドは硬い岩盤の風体となる。
そして、そこはデズデモーナの父、ブラバンショーの屋敷となって舞台が展開する。

前半部では多少の不満を感じることがあったが、後半部は一気に盛り上がりを見せ、デズデモーナがオセロに殺される場面にいたるまでの場面では涙を誘われ、感動でいっぱいになった。
その前半部の不満といっても一部はささいなもので、ヴェニス公国の公爵のキャスト(手塚祐介)があまりに若く、物足りない感じがしたことと、今ひとつは、エミリア。

エミリアはかなり重要な役だと思うのだが、三沢明美が演じるエミリアは、前半部では消極的存在感にしか感じられなかった。そこに物足りなさを感じたのだが、イアゴーとの関係でとらえたとき、それは計算されたもののようであった。三沢明美の演じるエミリアは、イアゴーを一途に愛し、彼を信頼し、彼を疑うことはこれっぽっちもない。だから、デズデモーナがオセロにもらったハンカチを拾っても、イアゴーに喜んでもらうために、彼に渡してしまう。そのエミリアは、世界全部をくれるというのなら、夫のためなら夫を騙すようなひどいこともするという。それは夫を愛するがためにほかならない。エミリアは最後の最後まで夫を信じていて、裏切られていたことを知る。その落差の大きさゆえにエミリアが痛ましい。

エミリアがデズデモーナに対して語る、「嫉妬深い人間は理由があるから嫉妬するんじゃない、嫉妬深いから嫉妬するんです」という言葉は、イアゴーに対するエミリア自身の気持を語っているように響いた。
『オセロ』を、イアゴーにはかられたオセロが嫉妬に苦しむ劇とだけ捉えると卑小になってしまうが、中野春夫が指摘するように‘jealousy’を「妄想」と捉えると、劇全体の構造がもっとはっきり見えてくる。

そもそもイアゴーがオセロを陥れようとしたきっかけは、オセロが自分を副官にしてくれず、文官のキャシオを副官にしたことにあるが、自分の妻であるエミリアがオセロに寝取られたという「妄想」がオセロに対する憎しみを増幅している。吉見一豊が演じるイアゴーはそれをよく表出しているように思う。
イアゴーとオセロの立場が完全に逆転してしまう象徴的場面が、イアゴーとキャシオの話を岩陰で立ち聞きして、今やデズデモーナとキャシオの不倫が決定的なものとしてオセロが思い込むところ。オセロは完全に打ちのめされて、岩陰に座り込み悶え苦しんでいる。

イアゴーはその岩の上からオセロを見下ろしながら、「今の証拠を見ましたか」と問いかける。イアゴーはオセロより高みの存在となっている。

金田明夫のオセロ、吉見一豊のイアゴーが熱演。
朴ロ美が、積極的で、明るく、疑うことを知らず、純粋無垢なデズデモーナを演じる。それだけにオセロに無実の身で殺される姿が痛ましい。印象的なデズデモーナだった。

上演時間は休憩15分を挟んで2時間25分。

(訳/松岡和子、演出/平光琢也、7月22日(日)、紀伊国屋ホールにて観劇)

>> 目次へ