観劇日記 あーでんの森散歩道 高木登
 
  ITCL公演‘The Taming of the Shrew’      No.2006-014
 

ITCL=インターナショナルシアターカンパニーロンドンの公演‘The Taming of the Shrew’を東京女子大講堂でわずか1000円のチケット代で観ることができました。

今回初めてこのITCL公演を観る機会を得ましたが、シェイクスピアの『じゃじゃ馬馴らし』をコメデイ・デラルテ風の即興劇のような面白おかしさで演出しており、その洗練された演技力と台詞術に感歎しながら楽しんで見ることができました。

わずか6人の俳優(女優が2人、男優が4名の構成)で、服装を変えることや仮面をつけることでいろいろな登場人物を演じわけています。その表現力のうまさには随所で感心させられました。

舞台上では簡単な衝立などで居酒屋を表象し、下手には額縁の中に上半身を表出した女性が店に飾られた絵として身動き一つせず立っています。開演の合図もないまま、舞台中央では3人の紳士がグラスを片手に会話を楽しんでいますが、客電が落ちてもいないので舞台が始まったようには感じません。と、客席後方から、なにやら騒々しい声。それは、酔っ払った状態の鋳掛屋スライで、背中にベッカムの名前の入ったTシャツを着ていて、客席から舞台へと上がっていきます。ベッカムのTシャツというだけでも登場人物の距離感が縮まって感じられます。

居酒屋で酔っ払って寝込んでしまったスライは領主に仕立て上げられ、じゃじゃ馬馴らしの劇中劇が始まっていきます。

6人の俳優で演じるために場面場面において登場すべき人物が欠けていますが、うまく脚色されているので、逆にそれが面白さにもなっています。その演じ分けを見ているだけでも十分に楽しい思いがします。

ペトルーキオが登場する場面あたっては、彼が率いるイタリア軍とトルコ軍の海戦のエピソードが挿入されます。そのエピソードをひきずるようにして、ペトルーキオの邸は軍の要塞のように見張り台があって、彼の召使の一人カーテイスは、そこで銃を構えて見張り役を勤めています。ペトルーキオは召使たちを軍隊式に指図するだけでなく、カテリーナに軍隊式の厳しい様子を見せつけているのだと思われます。

ペトルーキオが3人のうちで一番従順な妻は誰かという賭けに勝って、万事めでたしで幕となるのが一般的ですが、ここではクオート版にならってスライが居酒屋のお女将に目を覚まさされ、早く家に帰らないと奥さんにどなられるよと言われます。スライは夢で見たじゃじゃ馬馴らしでガミガミ女を馴らす手立てを知っているから心配ないとうそぶきますが、彼の女房がのっしのっしと近づいてきて彼を肩に担いで連れ帰ってしまいます。その姿は、カテリーナのじゃじゃ馬馴らしでペトルーキオがやったことをそっくりそのままスライに繰りかえしているというおかしさがあります。これを見ますと、『じゃじゃ馬馴らし』の劇は、スライの目覚めの場面がある方が劇全体の説得性があるように思われました。またスライとペトルーキオのダブリングによるおかしさも加わっていました。

(脚色・演出/ポール・ステビングズ、6月1日(木)、東京女子大学講堂にて観劇)


>> 目次へ