観劇日記 あーでんの森散歩道 高木登2005
 
  ASC 第31回公演 『マクベス』      No. 2005-009
 

〜 4人の俳優で四大悲劇をシリーズ・第4弾 〜

● ASC創立10周年記念を祝して

 まずはアカデミック・シェイクスピア・カンパニー(ASC)の10周年記念を祝したいと思います。

 ASCの第1回本公演は、1996年、パナソニック・グローブ座(当時)での『ジュリアス・シーザー』(10月19−20日)で、97年5月には第2回本公演として東京芸術劇場で『マクベス』、そして第3回公演は、同年10月にパナソニック・グローブ座で『リア王』を上演しています。私はこの第3回公演からASCの上演を見続けています。

 その時以来注目していますのが、劇団代表の彩乃木崇之氏のシェイクスピア作品に対する演出のコンセプトとそのテーマ設定のユニークさです。

 第3回『リア王』のメッセージとしては、ハムレットの「人間とは何か?」と対比して、リア王を「私は何者だ?」と提示しておりました。このときの舞台設定は、心理的ドラマとして「精神病院での自分探し」となっていましたが、私が何よりも驚かされたのが劇場空間の使い方でした。グローブ座の1階の観客席をほぼ全部使った大胆な演出でした。

 第4回本公演は、98年4月、東京芸術劇場(小ホール)での『夏の夜の夢』で、このときは出演の俳優たちが小劇場を所狭しと二階ギャラリーをも疾走する自由奔放な舞台でした。

 99年6月の第5回公演も同じく東京芸術劇場(小ホール)で、演目は『空騒ぎ』でした。那智ゆかりのベアトリスと、菊地一浩のベネデイックの二人の小気味よい台詞のテンポに酔いしれたものでした。

 私の印象に残っている作品は、この初期の頃の3作品です。

 演出のテーマ設定のコンセプトとして惹かれましたのが、2000年11月に銀座みゆき館劇場で上演された『リチャード三世』(第18回公演)でした。“母性”をキーワードにして組み立てられた、「究極の悪 ÷ 母性 = リチャードの悲劇」という解に導く方程式に感服しました。

 本公演と並んで特筆すべき活動に、98年秋よりスタートしたシェイクスピア全作品の上演を、俳一人一人の俳優がそれぞれ1本のシェイクスピア作品を担当して、構成・台本・演出・主演の全てをこなすという‘ONLY ONE シェイクスピア 37’がありました。

 これまで私が見てきたASCの舞台の印象としては、初期の舞台は解放感にあふれ、自由奔放さがあったと思います。

 この数年、ASCは銀座のみゆき館劇場を主体に活動していますが、小劇場という枠の中で、作品のテーマ設定、演出のコンセプトがストイックで禁欲的になってきたような気がします。時には初期の大胆な自由奔放さが懐かしく思われます。

 ASCは本公演にあたって、毎回オーデション方式で出演者を公募しているので、常に新鮮な期待感を覚えます。

● 4人の俳優による四大悲劇のシリーズの掉尾を飾る『マクベス』 

 〜 「4人の俳優で四大悲劇チーム」と「人間関係チーム」の両方を観る 〜

2002年秋の『オセロ』から始まって、03年秋『ハムレット』、04年秋『リア王』と、「4人の俳優で四大悲劇チーム」と「人間関係チーム」の2バージョンで上演されてきたシリーズも、今回の『マクベス』でその掉尾を飾ることとなりました。

 私はこれまでこのシリーズは、「人間関係チーム」だけしか見ておらず、今回初めて2バージョンを見て、過去「4人の俳優チーム」を見逃していたことが惜しまれてなりません。

 今回のテーマのコンセプトとして、「固有名詞を持たない二人の女性たち(マクベス夫人とマクダフ夫人)の愛」が打ち出されています。

舞台中央には白い羽毛が円形状に敷きつめられ、舞台装置と衣裳は明るさを感じさせる白で統一されて、愛の世界を予兆させます。舞台上の白い羽毛はいろいろな場面で象徴的に使用されますが、なかでもマクベス夫人が夢遊状態で手を擦り合わせて洗う場面で効果的な役割をします。

「4人の俳優チーム」では、その俳優の中心人物を演じる時には素顔で、その他の人物を演じるときには半仮面をつけます。すなわち、4人の俳優は、マクベス(菊地一浩)、マクダフ(彩乃木崇之)、マクベス夫人/マクダフ夫人(那智ゆかり)、マルカム(野口真由子)を演じるときには素顔で通します。那智ゆかりの役の早変わりも見どころの一つでした。

私はASCの舞台がストイックな感じがすると述べましたが、それは舞台の所作、動きに起因することが大きいのではないかと思います。一つ一つの所作が能のように緩慢な動きをします。もちろん、時に激しい動きを伴うこともありますが、全体的に緩慢な印象を受けます。しかし、それは緊張感を伴った緩慢さだといえます。そのために所作よりも台詞力が胸に強く響いてきます。

台詞力ということでは、今回「4人の俳優チーム」と「人間関係チーム」で、マクベスとマクダフを、菊地一浩と彩乃木崇之がそれぞれのチームで役を変えて演じたのも大いに楽しむことができました。どちらも甲乙付けがたい台詞力の魅力がありました。

この舞台のコンセプトを表象する愛は、初めと終わりにあるように思われました。

舞台の始まりで、マクベスとマクダフが対蹠的な位置に立ち、「男だけ生むがいい、恐れを知らぬその気性からは、とうてい男しか生まれまい」とマクベスが独白すれば、マクダフは「やつには子供がないのだ。子供たちみんな、みんなだな?」と叫びます。ドラマはこの二人の台詞をプロローグにして、3人の魔女の出会いから普通通りの展開で始まります。

マクダフ夫妻には子供たちがいます。子供を通しての夫婦愛があります。

マクベス夫妻には子供がいませんが、このドラマでは、マクベス夫人が水子を抱いて登場する場面が象徴的です。その水子は、魔女によってむなしく羽毛となって散ります。

ドラマの終焉は、マクベスがマクダフに倒される場面です。女から生まれたものにはマクベスを殺せないという魔女の呪(まじな)いも、マクダフが帝王切開で生まれ出てきたことを高らかに告げると、マクベスは虚しく絶望します。そのマクベスに、死んだマクベス夫人がゆっくりと起き上がって近づいていき、手を差し伸べ、優しく抱擁します。マクベスはそこですべてを悟ったかのように、マクベス夫人から離れ、マクダフに剣を渡し自ら命を投げ出します。

そのときマクベスは初めてマクベス夫人と心から結ばれあうことになったのだと思います。

「4人の俳優チーム」も「人間関係チーム」もキャステイングの違いを別にすれば、構成はまったく一緒だといえますが、「4人の俳優チーム」の方が、その性格上より内面的な描き方になっているようでした。そしてこの両方をみることで、テーマ性のコンセプトがよりはっきり感じられたような気がします。

(訳/小田島雄志、演出/彩乃木崇之、11月19日・20日、銀座みゆき館劇場にて観劇)

 

>> 目次へ