観劇日記 あーでんの森散歩道 高木登2005
 
  りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ第3弾 『冬物語』 No. 2005-007
 

 シェイクスピアを英国の古典として、日本の古典に融合させる一つの手段、試みが、栗田芳宏のりゅーとぴあ能楽堂のシェイクスピアシリーズだろう。

 シェイクスピアには独特の台詞術があると思う。その独特の台詞術という様式に、日本の能の様式を用いて台詞にも一種の様式が備わる。

 栗田芳宏の演出には、コロスの役割が多くの場合挿入されるが、今回は4人の「言霊」がそれを担う。その言霊は、「時」の役割をも担っているが、場面の背景での「ゆらぎ」を表出する。僕は、栗田芳宏が演出する、一種独特のゆらめきのような所作を「ゆらぎ」と勝手に名づけているが、それは彼の演出に特有の特徴であるように思われる。

 言霊は、フットボール大の白色の球を両手にやさしく抱えている。それは内側から電球で照らし出されて、月のような神秘的光を感じさせるものである。言霊は、それを緩慢な所作で動かす。

 能の様式を用いているので、衣裳は当然のことながら能衣裳のようなものであるが、シェイクスピア劇としての違和感は不思議と感じさせない。

 舞台中央に、真っ白な、一斗缶大の円筒が置かれている。

 舞台は、シチリア王レオンテイーズの王子マミリアスが、母である王妃ハーマイオニに「冬物語」を話して聞かせる場面から始まる。

 終わりは、マミリアスと二役のパーデイタが、その「冬の夜話」を閉じるように、言霊の持つ白球を頭上に掲げ、満月のような様相を呈して非常に象徴的なイメージを喚起させる。

そこでマミリアスとパーデイタの二役が重なり、パーデイタはマミリアスへと回帰する。そして、その内側の明かりの電球がふっと消えてあたり一面真っ暗となり、舞台が閉じる。それが始まりのときを思い出させて、再び冬の夜話が繰り返されるような錯覚を覚えさせ、物語の循環構造を感じさせるのは栗田演出には馴染みのもの。

 劇団AUNの谷田歩と中井出健が、同劇団で演じたこの作品を、ここでは役柄を入れ替わって、谷田がシチリア王のレオンテイーズを、中井出がボヘミア王ポリクシニーズを演じた。谷田歩の演技にも凄みが出てきた。

 アンテイゴナスと老羊飼いを、演出の栗田芳宏が演じる。アンテイゴナスが熊に襲われ命を落とし、覆い布の中で衣裳を脱ぎ替え、老羊飼いに変身する早替りはちょっとした見ものであった。それにその声の使い分けも見事というほかはない。

 甦る石像、ハーマイオニ(山賀晴代)は白い衣裳でまぶしいばかりの神々しさに輝いていた。

 限られた出演者のため、僕の楽しみな場面である羊飼いの息子(道化)やごろつきオートリカスなどの登場がないのは少し物足りない気がしたが、それはないものねだりというものかもしれない。

(翻訳/松岡和子、演出/栗太芳宏、9月19日(月)、表参道の銕仙会能楽研究所にて観劇)

 

>> 目次へ