あーでんの森 散歩道 高木登2004
 
 『エリザベス・レックス』      No. 2004-022
 

プログラムを買ってまず驚いたことが、作者テイモシー・フレンドリーが男性であったことと、作者が数年前に72歳ですでに亡くなっていたことであった。どういうわけか、テイモシーという名前を女性だと思って、しかも30代ぐらいの若手の女流作家であるように信じ込んでいた。

テイモシー・フレンドリーは、カナダのトロントの生まれで、18歳で役者の世界に入り、1963年には俳優業にピリオドを打ち、その後は執筆活動に専念し、ラジオ・テレビドラマの脚本や推理小説などを書き、1986年には『嘘をつく人々』で探偵作家クラブ賞(エドガー賞)を受賞し、ベストセラーになる。

『エリザベス・レックス』は、2000年にカナダのストラットフォード・フェステイバルで初演され、2000年州総督賞の演劇賞を獲得した、テイモシーが亡くなる2年前、70歳の時に書かれた作品である。

『エリザベス・レックス』でまず思い浮かべたのが、『恋に落ちたシェイクスピア』だった。こちらは若きシェイクスピアで、『ロミオとジュリエット』を書いた時代であるから、1601年を背景にした『エリザベス・レックス』より少なくとも5、6年は前の時代である。壮年シェイクスピアと熟年シェイクスピア。しかも『エリザベス・レックス』は1616年、シェイクスピアが死の直前に回顧する物語という設定になっている。

二つの作品に共通しているのは、シェイクスピアとエリザベス女王の登場である。『恋に落ちたシェイクスピア』では、エリザベス女王は最後の方でわずか数秒足らずしか登場しないが、ジュデイ・デインチの存在感が圧倒的で印象的であった。それに対して『エリザベス・レックス』は、エリザベス女王を主人公として、麻美れいが終始強い存在感を浮き彫りにし、奥田瑛二のシェイクスピアは黒子的な存在となる。

物語は、1616年、シェイクスピアの死の間際、幼い頃を過ごしたストラット・フォードの納屋の舞台から始まる。そこでシェイクスピアは、幼年期の思い出を回想し、1601年の運命の日を回想する。その回想から舞台はウインザー城の納屋へと転換する。時にエリザベス女王67歳、シェイクスピア36歳である。

1601年2月24日、聖灰水曜日の前夜。そして翌朝にはエリザベス女王のかつての寵臣エセックス伯ロバート・デヴローが大逆罪で処刑されることになっている。舞台は、シェイクスピアの宮内大臣一座が『空騒ぎ』を女王の前で演じた役者たちが納屋に引き上げてくるところである。

その夜、エセックスの処刑を前にして反乱の恐れありということで戒厳令がしかれ、シェイクスピアの一座はウインザーのその納屋で一夜足止めを食う。そこへ処刑執行の朝7時まで時間を過ごすために、エリザベスがお忍びでやってくる。クローデイオとベネデイックとの二人の関係を、エセックスと『空騒ぎ』の舞台でベアトリスを演じた女形役者のネッドとに重ね合わせて、エリザベスは、シェイクスピアが女王の前で上演した『空騒ぎ』に意図的な作為を読む。

折しもシェイクスピアは、次作『アントニーとクレオパトラ』を執筆中。ネッドはその時まで生きていればクレオパトラを演じるはずだが、梅毒に苦しんでいる彼の余命はわずか。それを演じることはない。エリザベスはここでもアントニーとクレオパトラに、エセックスと自分の寓意を読み取る。

史実とフィクションを巧みに織り交ぜながら、物語は進行していく。男を演じ続けなければならなかったエリザベス・レックス、すなわち、エリザベス国王(レックスはラテン語で「国王」の意)と、女を演じ続けたネッドが、舞台には登場しない二人の共通の愛人エセックス伯を軸にして丁々発止のやりとり。

後半の舞台では緊張感が走るが、前半の舞台は途中眠気が襲う。期待値が大きかっただけに、その落差が少し大きくなった。

(作/テイモシー・フレンドリー、翻訳・演出/青木陽治、12月11日、ル テアトル銀座にて観劇)


>> 目次へ