あーでんの森 散歩道 高木登2004
 
  『空騒ぎ』と『尺には尺を』〜 「不幸な恋人たち」の季節 〜    No. 2004-014
 

 2004年のグローブ座の季節公演は5月初旬から9月の下旬まで「不幸な恋人たち」と題して、『ロミオとジュリエット』、『空騒ぎ』、『尺には尺を』の3本が上演されておりました。

 「不幸な恋人たち」(‘The Star-Crossed Lovers’)とは、『ロミオとジュリエット』の序幕、コーラスの台詞に出てくる言葉です。グローブ座の芸術監督マーク・ライアンスの解説によれば、イギリスのサマリタン(困っている人々を助ける人)の50年に及ぶ活動からヒントを得て、この言葉を2004年グローブ座の季節公演のタイトルとしたそうです。

 『ロミオとジュリエット』、『空騒ぎ』、『尺には尺を』の不幸な恋人たちとは、ロミオとジュリエット、ヒアローとクローデイオ、ジュリエットとクローデイオであり、それを助ける役のサマリタンは、修道士ロレンス、修道士フランシス、そして公爵ヴィセンショーということになります。

 私はロンドン出張で、最後のシーズン上演の週に、『空騒ぎ』と『尺には尺を』の2本を観る機会を得ました。

ロンドンのグローブ座は、これが2度目ですが、いずれの場合も楽しく見ることができました。グローブ座は、他の劇場でのシェイクスピアの出し物と違って、まずお客を楽しませることに力を入れているような気がします。グローブ座という観光スポットをお目当てに、シェイクスピアを見に来る観光客へのサービス精神に徹しているように感じます。

 グローブ座はシェイクスピア当時のものを再現した形になっているので、通常の劇場のように大道具や装置で見せる劇ではなく、基本的には台詞を聞かせる劇ですが、シェイクスピアの時代の華やかな衣装や、音楽と踊りで目を楽しませてくれます。

 最初の日に見た『空騒ぎ』は、演出者(タマラ・ハーヴェイ)も出演者もすべて女性というところに大きな特徴があります。

ヒアローとクローデイオの不幸な恋人たちより、才気あふれる機知に富んだベアトリスとベネデイックの会話の応酬が楽しみな劇ですが、男役を演じるジョシー・ローレンスのベネデイックはむしろ可愛いと思えるような役柄でした。警吏のドグベリー役も笑いを結構とっていましたが、私にとってはいまひとつ軽い感じでした。

 翌日に見た『尺には尺を』の強い印象で、『空騒ぎ』の感想の余韻がかき消されてしまった気がします。最後の大円団の踊りが一番印象に残っています。

 その強い印象を残した『尺には尺を』は、ロンドンに在住の鈴木真理さんが「ロンドン通信」120号で、「Measure for Measure競演」としてすでに報告してくれていますように、公爵ヴィセンショーはまさにシェイクスピア版水戸黄門を感じさせるものでした。

 開演前から舞台では楽士たちが、バイオル、オーボエ、リコーダーなどを弾いて観客を楽しませてくれる一方、登場人物たちがリラックスした雰囲気で舞台を歩き回っています。一番目を引いたのは、男優が演じる淫売屋の女将のオーヴァーダンでした。頬紅を塗った顔がいかにも淫売屋の女将らしく、露わな胸を扇子で扇ぎながら、媚を売っていました。舞台の楽しげな雰囲気とはがらりと趣を変えて、二階のバルコニーでは、背景の木を背にした庭園で、公爵が沈鬱な表情をして書物に読みふけっているのが意味深長でした。

 『尺には尺を』は、放埓な男ルーシオが主役かと思われるような演出がありますが、この演出ではマーク・ライアンスが演じる公爵ヴィセンショーがまったく主役そのものでした。公爵を軸にして舞台は進行していきます。

 バルコニーで沈鬱な表情をしていた公爵は、何かを決意していたのでした。それは今までやってきた統治のあり方を変える必要があるのだけれど、自分がやってきたことを自分で変えるには問題があると考えて、それを他の人間にやらせることにします。公爵代理に選ばれたのは謹厳実直なアンジェロです。

 アンジェロに政治を任せた公爵は、その経過を観察しようと修道士に変装します。その修道士に扮する協力を得るために修道士トマスを訪れる公爵の登場の仕方がまた一風変わっています。『ウインザーの陽気な女房たち』のフォルフスタッフのように、大きな洗濯籠に入れられて運び込まれてきてそこから突然飛び出て登場します。

 この公爵の登場もそうでしたが、ジョン・ダヴ演出の『尺には尺を』では、場面転換や人物登場に趣向が凝らされていて観客を楽しませてくれます。

 たとえば、アンジェロの執務室の場面では、その前に縛られた姿のクローデイオと典獄やオーヴァーダンらが現れて、激しい動きで踊りを展開します。一見脈絡を欠いているようでありながら、象徴的な場面でもあります。

 修道士に扮した公爵は、結婚前にジュリエットを妊娠させた罪で死刑の罰を受けたクローデイオをその牢獄に訪れます。クローデイオは妹イザベラに自分の命を助けるために、公爵代理のアンジェロの言うことを聞くよう懇願します。それを傍で聞いていた公爵が、執拗なクローデイオを引き離し、持っていた祈祷書で彼の額をパチンと叩きますが、その仕草が妙に可愛く見えます。

 放埓な男ルーシオ(この劇ではルーチオと発音されていました)が、修道士に扮装している公爵に対して盛んに公爵の悪口を並べ立てますが、公爵はそれをいちいち手帳にめもっています。このようにこせついた小さな所作がこの公爵の人物像を作り上げていきます。

 修道士に扮した公爵の態度とそのものの言い方は、おずおずとしていて頼りなげで、弱々しく見せます。

 公爵代理のアンジェロの悪行がすべて行われた後、― といってもそれはすべてトリックで、アンジェロがイザベラとの思いを遂げたと思った本当の相手は元の婚約者マリアーナであり、死刑が執行されたと思ったクローデイオは実は他の死人であるのですが ― 行方が不明であった公爵が帰国することになります。国を離れるときは密やかでしたが、帰国は威風堂々としたもので、城門には国旗が掲げられ、ラッパが吹奏されて華々しく登場します。牢獄の檻が、今度は城門の威容を表しています。セットの使い方の上手さを感じます。

 公爵の前に出てアンジェロの卑劣な行為を訴え出たイザベラに、公爵はアンジェロに裁判を任せます。イザベラは不敬罪で囚われて、マリアーナがイザベラを弁護して訴えでます。彼女は夫が許すまでヴェールを取らないと言いますが、自分を抱いたという言われたアンジェロに顔を見せろと言われ、そこではじめてヴェールを取ります。そして、彼女たちの証人として公爵が扮装していた修道士が呼び出されます。そこで公爵はその必然性からその席を外れます。

 修道士に戻った公爵は、病人の姿をして車椅子で運ばれてきます。

 公爵の前ではこの修道士の悪口を盛んに言っていたルーシオは、今度は衆目の前では、修道士が公爵の悪口を言っていたと公言します。

 イザベラたちの言葉を裏付ける証言をする修道士に、アンジェロはルーシオに対して、修道士を告発させます。ルーシオは図に乗って修道士の頭を叩き、身体をこづきまわします。あまり調子に乗りすぎて、修道士の服をすっぽりと脱がしてしまいます。

 現れたのは、公爵の衣装をまとった公爵その人です。ルーシオはそれを見て凍りついたようになります。この場面は、遠山金四郎がもろ肌脱いで桜吹雪の刺青を見せ、さあこれが動かぬ証人だ、といったところの心地よさがあります。また、身分を明かした水戸黄門といったところです。

 謹厳実直なアンジェロの化けの皮は剥がれ、公爵による判決が次々に下されます。

 公爵は、イザベラにおずおずとではありますが、その場の勢いを借りてイザベラに求婚の意思を伝えます。そのときイザベラは、当惑、驚き、困惑、ためらい、失念、それら全部を含めて何とも形容しがたい表情で凍りつきます。

 イザベラの公爵に対する返事は原文でもまったくないまま、宙ぶらりんな恰好で終わりますが、この舞台でも言葉での返事はないままです。しかし、すべてのことがめでたく片付き、イザベラの返事だけをもらえない公爵は、損場の空気を和らげるように、さあ踊ろうと自らまず踊り始めます。公爵に続いてみなが踊り始め、イザベラも公爵のプロポーズを受け入れたかのように、公爵と手を重ね合わせて踊り始めます。こうして大円団の踊りで舞台はめでたく終わり、この劇が「問題劇」という風評を忘れて、「喜劇」として楽しんで終わることができます。

 『空騒ぎ』でもそうでしたが、この最後の大円団の踊りが観客にとっても楽しみの一つでもあります。

 グローブ座ではじめて見たのも、このマーク・ライアンスが主演した『ハムレット』でしたが、その時にも最後には一同揃ってのジグダンスがあり、舞台の余韻を盛り上げてくれたのがいまだに印象に残っていますが、今回も同様に大いに楽しめました。

 芝居の楽しさ、面白さ、そしてシェイクスピアの面白さをグローブ座は与えてくれます。

(9月21日『空騒ぎ』)、22日『尺には尺を』、ロンドン、グローブ座にて観劇)


>> 目次へ